取引きする業者を絞るほうがいい理由

聴いたら始まる浮気ものがたり > 現金化 > 取引きする業者を絞るほうがいい理由

取引きする業者を絞るほうがいい理由

2015年9月13日(日曜日) テーマ:現金化

現金が必要になった時の手段として、クレジットカードの現金化は大変有効な手段でしょう。

審査を受けることなく始めることができることから、スピードも速く、後々の心配も少なくすることができます。

しかし、複数の業者を相手に取引することは、マイナスはあってもプラスになることは大変少ないということを覚えておくべきでしょう。

 

何がマイナスになるかというと、取引相手が増えることで、換金率がアップしたりするチャンスを逃すことになります。

業者としても、何度も取引している人は、できるだけ逃したくはありません。

そこで、換金率を都合して優遇し、囲い込もうと考えるのです。

還元率にかなりの差がつくこともありますので、複数の取引先を作るよりも、集中させてしまうほうが、クレジットカードの現金化という意味ではるかに有利になります。

 

もう一つが、取引に関わる個人の情報の問題でしょう。

取引きをするということは、少なからず個人情報を漏らすことにつながります。

それが住所であったり、電話番号であったりと、小さなことだと考えるかもしれませんが、こうした情報が複数のところにあるというだけで、リスクは何倍にも増大してしまうのです。

必要のないところには、自分の情報は教えないという行動こそが、安全性を高めることができることだといえるでしょう。

 

安全性ということを考えても、利益ということを考えても、取引先を絞り込み、最低限の業者との取引にすることは意味が出てくるものなのです。